ビジネスマナー・テーブルマナー

 
今回から、アルバイトや就職活動で実際に役に立つ
ビジネスマナーやテーブルマナーをご紹介していきます♪”
 

 
🔸ビジネスマナー
 
敬語は大きく3種類に分けられます。
 
●尊敬語…目上の人に使う
●謙譲語…自分をへりくだるときに使う。相手を立てる
●丁寧語…聞き手に対して丁寧に述べる言葉。
「です」「ます」「ございます」を付けて使う。相手・内容を問わない。
 
☆さらに細かく、丁寧語の中でも「お」や「ご」などをつけて、言葉遣いを上品にするものを美化語といいます。
(例)お手洗い、ご祝儀、etc..
 
結婚式では美化語がよく使用されます(^o^)!
 
 
🔰 間違えやすい敬語
 

×

どちら様でしょうか お名前を伺ってもよろしいですか
了解しました 承知しました、かしこまりました
しばらくお待ちください 少々お待ちください
山田にお伝えしておきます 山田に申し伝えます
ご苦労様です お疲れ様です。

 
一番大事なことは、先輩方の言うことを素直に聞く姿勢でいることです。
間違うことを恐れて自分から積極的に話さないことの方がよくない場合もあります、恐れずにどんどん話してみてください。
 
 
🔸テーブルマナー
 
着席の席次にもマナーがあります。
 
上座のお席にその日の主役、ご来賓、男女の食事なら女性が着席します。
※上座、下座のマナーについては次回ご紹介の記事をお楽しみに♪
 
・座り方
レディーファーストが基本となりますのでイスのフォローは女性から。
 
イスを引いてもらったら、左から入ります。
ゆっくりと、テーブルと体の間に握りこぶし1つ分のスペースが空くように座ります。
 
深く腰掛け背筋はピンと伸ばしましょう。
 
 
・ナイフとフォークを使う順番(フルコースの場合)
 
ナイフやフォークは外側から順番に使いましょう。
左右にあるものは両外側から順に、上部にあるものは上から順に使います。
 
フルコースの場合、一つ一つのお料理に一番食事がしやすいナイフやフォーク、スプーンなどが用意されているからです。
 
 
 

 
 
 
勤務の際は、常にお客様の行動を確認し、スムーズな対応を心掛けていきましょう!
 
次回は「上座・下座とは」「役職の順番」「ナフキンの使い方」「グラスの使い分け」の4点をご紹介します☆★